マクロ初心者でも、簡単にマクロを作れる理由

こんにちは、コーダイです。

読者の悩み

  • 毎日時間のかかっているExcelの業務を効率化できないか
  • マクロを覚えたいけど、プログラミング未経験でも大丈夫か
  • マクロを効率的に覚えるには、どうすればいいか

今回は、こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 1.毎日ルーチン化している作業は、マクロを使えば一瞬で終わる
  • 2.プログラミング未経験でも全く問題ない理由
  • 3.コードを頑張って覚える必要なし!自然と身につく方法

この記事を書いている僕は、Excel VBA(マクロ)歴が7年ほどあります。
最初は全くのプログラミング未経験者でしたが、
Excel VBAを使って大規模システム開発までできるようになりました。

毎日の仕事をもっと楽にしたい方は、
この記事を読み、マクロの世界に飛び込んでみましょう!

毎日ルーチン化している作業は、マクロを使えば一瞬で終わる

仕事でExcelの入力や、データの並び替えや抽出
毎日時間をかけてやっているけど、
もっと簡単にできる方法はないのかな?
そう思う方は少なくないはず。

そんなあなたの悩み、簡単に解決することが可能です!

それを解決するのが、Excelに標準で入っている機能
Excel VBA、通称マクロとも呼ばれるものです。

Excelを使っているなら、マクロも誰でも使えるので、
これを使わない手はありません。

例えば、関数を使ってデータを集計し、
別シートに打ち込み保存。

これはマクロで一瞬で終わります。

例えば、大量のデータから必要なものだけピックアップし、
その合計を出し、以前のデータと比較して印刷。

これもマクロなら一瞬で終わります。

色んな作業があると思いますが、
あなたの抱えている大抵のExcel業務は
マクロを使えば一瞬で終わらせる事ができます!

「そんな夢のような機能があったのか!」
実は7年前の僕もそう思った一人でした。

当時の僕は毎日Excelで単純な業務に時間を費やしていました。
データを並び替え、重複の削除を行い、フィルターをかけて印刷。

ただこれだけの作業ですが、一日に何度も行い、
忙しい時でも関係なく、やらなければいけなかったのです。

文章にするとたったこれだけですが、
ファイルを開いて、一つ一つマウスを使って作業するのは
結構非効率で毎回10分はかかっていました。

そこで僕はGoogleで「Excel 効率化」と検索し、
そこで初めてExcel VBAという神様のようなものを知りました。

そして、すぐにマクロについて色々調べ、
わずか1日で今までの業務が一瞬で終わるものが作れたのです!

その後も、どんどん改良を重ね、
手作業では到底できなかった細かいデータの集計も
マクロを使って一瞬でできるようになりました。

別の記事でも触れていますが、
7年前、毎日1日18時間労働を続けていて、
いつ過労死してもおかしくない過酷な労働環境でした。
(参考記事:『ブラック企業を辞めたい』それは人生のチャンスです

それも、抱えていた業務がマクロのお陰でどんどん改善され、
今では毎日早上がりできるほどになりました。

更に会社で困っている人にも作ってあげていたら
社内での評価も高まり、給料もグングンアップ!

自分もみんなに喜んでもらえ、
今ではマクロ作りが趣味といえるほど楽しんでいます。

マクロを覚えたいけど、プログラミング未経験でも大丈夫か

全く問題ありません。
なぜなら7年前の僕も全く未経験でしたが、
簡単に作れてしまいました。

マクロは、いわゆるプログラミング言語の一つです。
プログラミング言語というと、
英語と数式がワチャワチャ並んでいて、
それを見ただけで抵抗感が出てしまう人も多いと思います。

ですが、そんなプログラミングをしなくても、
簡単に始められるのがマクロの素晴らしい所!

マクロの記録ボタン

Excelにはマクロの記録という機能があります。
DVDに録画するように、
マクロの記録ボタンをポチッと押せば、
停止ボタンを押すまで、
あなたが行ったExcelの作業が全て記録されます。

DVDの録画と違う所は、
実際に人間が手を動かしているスピードで記録されるのではなく、
一つ一つの動作のみ記録される点です。

どういう事かというと、
例えば上から順番に100行入力を行い記録したとすると、
それを実行すると同じ作業をPCが一瞬で行ってくれるのです。

それが例え1000行でも1万行でも一瞬です。

そんな便利な記録ボタンを使えば、
プログラミングが分からなくてもマクロは作れちゃうのです!

コードを頑張って覚える必要なし!自然と身につく方法

では記録ボタンを使えば、何でも作れるようになるのか?
答えはノーです。

本当に簡単なものは作れますが、複雑なものになってくると
記録ボタンで全てを作るのは厳しいです。

まず、手作業で行ったものが全て記録されてしまうので、
間違えるとそれも記録されてしまいます。

なので、大規模なものになってくると、
コードを書いたほうがまだ楽になってきます。

更に言うと、記録ボタンで作ったものは、
本当に全く一緒のことしかできません。

このような場合は、こうする。
条件に一致するまでは、何回か繰り返す。
こういった少し応用のきいたものは
記録ボタンだけでは実現はできません。

何だ、折角夢のようなボタンかと思ったのに・・・
そう思ったかも知れません。

ですが、それも問題ありません!

マクロを記録ボタンを押すと、
内部では、あなたの動作が記録されていきます。

いうなれば、PCがあなたの動作を見て、
全部コードとして記録しているということです。

そしてこのコードを入力したり表示するエディタ画面。
ここにマクロとして記録されます。

では、マクロを記録してる真っ只中では、
エディタには何もないのか?
答えはノーです。

やってみるとわかりますが、
記録中はユーザーの動作と連動して、
コードが記入されていくのです。

言葉で伝えると難しく感じるかも知れませんが、
実際にやってみると、とても簡単です。

また、この機能のお陰でユーザーの動作が
どういったコードになるのかがリアルタイムで分かるので、
コードを1から覚えなくても、動作がそのままコードになるので、
見るだけで動作とコードの関連付けができるようになり、
簡単に身に付けることができます。

事実、僕はそうやってコードを何となく覚えて、
コピペなどを駆使して色々作れるようになったのです。

記録ボタンを使って、
何となく覚えていく内に、段々コードに慣れてきて、
始めた当初は訳が分からなかったコードも、
気付いたら結構分かるようになっています。

実はマクロはプログラミング言語の入り口としても、
とっても優秀なんじゃないかとも思います。

Let’s マクロ!

ここまで記事を読んで頂いた方は、
早速マクロの世界に触れていきましょう!

7年前の自分に、マクロを覚えて
仕事が楽ちんになった未来を教えてあげたいです。

少ない労力で、毎日の作業が楽になるなら、
これを使わない手はありません!
これを機にExcel VBA、マクロを身に付けて行きましょう!

また今後、当ブログではマクロの実際の作り方の細かい部分にも触れ、
初心者の方でも色々作れるように、
コンテンツを充実していきたいと思っています。

なので、今後も是非ブログ記事を読んで頂ければと思います!

今回は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

コーダィ
32歳、ちゃくたのパパ。

独学でシステム開発し、
ブラック企業をホワイト企業に変革。

8年間、管理職として会社で働くが、
将来に希望がない事に気付き一念発起。

FX、プログラミング、ブログで
副業を始めるが中々上手く行かず。

その後、ビジネスを一から学び直し、
2ヶ月半で収益化を達成。

現在は本業と副業を両立し、
ビジネスの情報を発信中。

↓ 公式Twitter ↓


↓ 公式ラジオ ↓
コーダィのビジネスパパちゃんねる